EPA メタボと食事

スポンサードリンク


EPA

EPAが、メタボリックシンドロームに効果的な成分といわれています。EPA(エイコサペンタエン酸・Eicosapentaenoic acid)は、DHA、α-リノレン酸などともに不飽和脂肪酸のω3(オメガ3)系(n-3系)脂肪酸の一つです。



脂肪や油にはいろんな種類があって、エネルギー源のひとつとして知られています。植物や動物の体には脂肪酸と呼ばれる形で蓄えられています。



脂肪酸には、飽和脂肪酸とEPAなどの不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は、肉の油やバターなど動物性脂肪に多く含まれていて、摂取が過剰になると肝臓でコレステロールの合成を促進し、血中コレステロール値を上げてしまいます。



不飽和脂肪酸は、オリーブ油、サラダ油などの植物性脂肪や、イワシ、サバなど青身魚にEPAやDHAなどとして多く含まれていて、コレステロールの胆汁への排出を促進して、血中のコレステロールを下げる働きがあります。



さらに、不飽和脂肪酸にはオレイン酸などの一価不飽和脂肪酸とEPAなどの多価不飽和脂肪酸があり、それぞれに役割があることで、これらの脂肪酸をバランスよく摂ることが健康の維持・増進のために必要なこととされています。厚生労働省では、飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3で摂ることをすすめています。



EPAは、中性脂肪やVLDLを低下させ、血栓を防ぐ作用を持つプラスタグランディンやトロンボキサンなど生理活性物質の材料となることで、血栓を予防するとして注目されている不飽和脂肪酸です。




EPA / DHA / EPAとDHAとメタボ / アマニ油 / アマニ油とダイエット効果


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。