DHA メタボと食事

スポンサードリンク


DHA

DHA(Docosahexaenoic acid,ドコサヘキサエン酸)は、EPA同様、不飽和脂肪酸の1つです。DHAは魚類全般に含まれていますが、特に魚の目の周りの脂肪に多く含まれます。マグロの場合は、目の周りの脂肪の約3割にもなります。



DHAは、人間のからだにも多くあり、中性脂肪がつくられるのを抑制し、また、肝臓での脂肪の分解を促進することがいわれています。さらに、LDLコレステロールが血管に付着するのを防ぐ作用を支援する働きがEPAより強いといわれています。 したがって、メタボでは、摂取することが推奨されているんです。



DHAは、子供の脳の発達を促進させる働きがあるとされています。人間の脳神経細胞にはDHAが原料となっているものが多いため、成長期に摂取することで、健全な脳が育つと考えられています。



DHAは、脳の発育に影響するだけでなく、脳の活性化や、痴呆症の改善に役立つとされています。頭の回転が早い人と、遅い人の違いには、脳内における情報伝達の役割を果たしているシナプス(神経細胞)の量に差があることがいわれています。DHAは、このシナプスを活性化させる働きがあり、判断力や集中力を高め、痴呆症の予防や改善をすることがいわれています。



DHAは、視力の向上にも効果があるとされています。目で見た物は、網膜や視神経を通って、脳に伝わることで初めて視覚情報として認識されます。DHAは、脳細胞の原料となるだけでなく、網膜や視神経にも必要な成分であることから、摂取することで、視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができるといわれています。



DHAは、アトピー性皮膚炎の改善効果も有るとされています。DHAは、アレルギー症状の原因物質であるヒスタミンの生成を抑制し、プロスタグランジンの体内量を低下させる作用があるとされています。プロスタグランジンは、アトピー性皮膚炎の痛みや炎症・発熱などの不快な神経シグナルを増強する作用があるとされている物質であることからDHAはアトピー性皮膚炎の改善効果を期待されているんです。



DHAは、妊婦さんにも必須の栄養素といわれています。オーストラリアの医学誌「Archives of Disease in Childhood」には、DHAやEPAなどの魚油を摂取した妊婦から生まれてくる子供は、視覚と手の協調関係が優れていたとの報告が掲載されています。さらに、胎児の健全な脳の発育のためにも、DHAの積極的な摂取が重要とされています。



DHAは、メタボ対策だけでなく、老若男女を問わず常に必要な栄養素といえます。DHAやEPAが多く含まれるのは、マグロ(脂身)、サバ、ブリ、サンマ、イワシなどの青魚です。



1日の必要摂取量は特に決まっていませんが、DHAとEPAとして1日1000mg程度摂取することを推奨している報告があるようです。刺身であればマグロトロで4〜5切れ、ブリで6〜7切れ、焼いたサンマなら約半尾がその目安です。また、DHAとして、300〜740mgを推奨する報告もあるようです。



EPA / DHA / EPAとDHAとメタボ / アマニ油 / アマニ油とダイエット効果


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。