ケールの青汁 メタボと食事

スポンサードリンク


ケールの青汁

ケールの青汁が、メタボリックシンドローム対策に効果があるといわれています。青汁は、元々は、昭和18年頃、大阪女子医学専門学校(関西医科大学の前身)の教授を勤めていた遠藤仁郎医学博士が、食糧難解消の一助にと考案したものです。



青汁の材料としては、大根の葉・なすの葉・大豆の葉・里芋の葉・キャベツや小松菜、みず菜、などあらゆる緑の葉を試みられてきましたが、味覚・栄養バランス・収穫できる季節が限られるなどそれぞれに一長一短がありました。



ケール(Kale)は、そのなかで、比較的に栄養バランスが良いことや周年栽培が可能でしかも多収穫であることから青汁の素材としてもっとも好適であるとして、青汁の代表的な素材となっています。



ケールの青汁には、牛乳に比べると、カルシウムが3倍、ビタミンA(β-カロテン)が45倍、ビタミンB1が4.6倍、ビタミンB2が2.3倍、ビタミンCは210倍含まれています。



ケールは、もともと南ヨーロッパ原産の野菜でキャベツの原種に相当します。そして、キャベツなどのアブラナ科の野菜に共通して含まれる成分にS-メチルシスティンスルホキシド(S-methylcysteine sulfoxide:SMCS)という硫黄を含むアミノ酸があります。



ケールを摂ることでコレステロール値が低下するのは、このSMCSがコレステロールの分解を促進させ便への排泄を増加させる働きによると考えられています。



また、動物実験では、あまりにも大量のSMCSを与えると貧血が起こり、脾臓が鬱血して肥大するという副作用が報告されています。投与を中止すると症状は消失するので、一過性の作用のようですが、ケールを一度に大量に摂るのは控えた方が良いようです。



ケールの青汁は、ビタミンA(β-カロテン)を豊富に(4700μg/100g)含んでいますが、ビタミンAを体内に吸収するには脂溶性の性質を利用して油に溶かして体内に取り込む必要があります。ですから、ビタミンA摂取が目的ならごま油や牛乳などと一緒に摂るのがおススメといえます。



ケールの青汁には、ほかにも、現代人が不足がちな食物繊維や葉緑素をとても豊富に含んでいます。ケールの青汁の食物繊維は腸内の有害物質の排泄を促進し、整腸作用や便秘解消などの効果があります。



そして、ケールの青汁の葉緑素には、造血作用や血管内にできる血栓の予防効果があるため、高血圧の予防や改善や血糖値上昇の抑制の効果、コレステロール値の改善などにも効果があるといわれています。



また、ケールの青汁には、生活習慣病の原因の一つといわれる活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、いろいろな生活習慣病の予防や改善などの効能も期待されています。



したがって、ケールの青汁に期待される効能としては、高血圧の予防や改善、血糖値上昇の抑制や正常に戻す効果、血中コレステロール値の改善の効果、生活習慣病の予防や改善の効果などメタボリックシンドローム対策に効果が期待され、整腸作用や便秘の予防・解消の効果による美容効果なども期待されています。



ケールは、キャベツやブロッコリーなどの野菜の原種であり、特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。しかし、一度に多量に摂取するとSMCSや、ビタミンAの過剰摂取が懸念されます。



さらに、ケールには、ビタミンKを多く含んでいることから、抗凝固薬のワルファリン( warfarin )の効果を減らすといわれていますので、ワルファリンを服用中の方などは医師に相談することをおススメします。





ケールの青汁 / いぐさの青汁 / くわ青汁 / あしたば青汁 / 大麦若葉青汁 / 緑茶青汁 / ゴーヤー青汁 / よもぎ青汁


| 青汁

スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。