くわ青汁 メタボと食事

スポンサードリンク


くわ青汁

桑の青汁が、メタボリックシンドロームの予防・改善に効果があると注目されています。青汁といえば、ケールですが、桑葉はケールと比べても栄養成分を豊富に含んでいます。



桑の青汁の栄養成分をケールの青汁の栄養成分と比較した場合、ビタミンA効力は、およそ6倍、ビタミンB1は2.9倍、ビタミンB2は3.8倍、ビタミンEは10.1倍、総クロロフィルは2.7倍、SOD活性は9.6倍、食物繊維は3.8倍、γ-アミノ酪酸(GABA)は6.3倍あります。



ケール以外と比較しても、食物繊維はごぼうの約8倍、β-カロテンはブロッコリーの約10倍、ビタミンEはほうれん草の約8倍、カルシウムとカリウムはバナナの約5倍、鉄分はしじみの約2倍含んでいます。



桑の青汁がメタボリックシンドローム対策に有効な、糖の吸収を抑制する作用があるとされるのは、1−デオキシノジリマイシン(DNJ:1-Deoxynojirimycin)を含んでいることによります。



1−デオキシノジリマイシン(DNJ)は、糖を分解する酵素の働きを抑制する作用がある成分で、ブドウ糖に良く似ていて、水に溶けやすく、体に安全な成分です。



一般的に食事によって体内に取り込まれた糖質は、小腸内で糖分分解酵素α―グルコシターゼによって分解され、ブドウ糖として吸収されます。1−デオキシノジリマイシン(DNJ)は、糖質に良く似た構造をしています。



そのため食前に桑の青汁によって1−デオキシノジリマイシン(DNJ)を摂取すると、小腸で糖質より先に1−デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖分分解酵素と結びつくことになります。



食事によって、後から入ってきた糖質は結びつく相手を失い吸収されずにそのまま小腸から大腸へ排泄されてしまいます。食前に桑の葉茶を飲むことで、小腸で糖質より先に1−デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖分分解酵素と結びつくことで、糖の吸収が抑えられて食事後の血糖値の上昇を抑制する効果を得ることが出来るんです。



また1−デオキシノジリマイシン(DNJ)にはインスリンの分泌を刺激・促進する効果のあることも報告されていて血糖値の改善に大きな効能をもたらすことがわかっています。さらにラットを用いた研究結果ではありますが、高血圧の明らかな抑制効果が、認められています。



これらのことから、桑の青汁を食前に摂ることはメタボリックシンドローム対策になると考えられます。




ケールの青汁 / いぐさの青汁 / くわ青汁 / あしたば青汁 / 大麦若葉青汁 / 緑茶青汁 / ゴーヤー青汁 / よもぎ青汁


| 青汁

スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。