ゴーヤー青汁 メタボと食事

スポンサードリンク


ゴーヤー青汁

ゴーヤーの青汁が、メタボリックシンドロームに対して効果が期待されています。ゴーヤーは、沖縄の代表的な野菜として有名ですが、栄養価の高い暑い季節の活力源としてだけでなく、メタボリックシンドロームなど生活習慣病の予防食・健康食として効果が期待されています。



ゴーヤーの青汁は、ゴーヤーをすりつぶし、ゴーヤー丸ごと利用して作ります。ゴーヤーには独特の苦味があります。その苦味は、モモルディシン(momordicin)とチャランチン(charantin)、コロソリン酸(Corosolic Acid)という成分で、血糖値を下げる効果があるとされています。



ゴーヤーの苦味成分のモモルディシン、別名、モモルディコシド(Momordicosides)や、チャランチンという呼称は、ゴーヤーの学名のMomordica charantia に由来します。



モモルディシンは、抗酸化作用をもつサポニンの一種で食物繊維です。サポニンといえば高麗人参がよく知られています。コレステロールや老廃物を排出し、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病、がん予防に効果があるとされ、胆汁酸の分泌や産生を促して、コレステロール値を低下させる働きが期待されています。



また、モモルディシンは、消化酵素によって分解されない成分のため、食物繊維として働き、腸内の善玉菌の増殖を促進し、便の量を増やし、腸内環境を整えます。



チャランチンは、1966年に血糖値を下げる作用がある脂溶性の物質として抽出されたものです。血糖値の高いヒトがゴーヤーを摂取するとチャランチンが膵臓のβ細胞に働きかけることでインスリンの分泌を促し、血糖値を下げるように作用します。



また、血糖値が下がった場合、チャランチンは、α 細胞からグルカゴンを分泌させることで血糖値を上昇させ、血糖値を安定させます。



チャランチンは、血糖値を下げるインスリンと、上げるグルカゴン、両方のホルモンに働くことで、血糖値を下げるだけの薬剤の様に効き過ぎて低血糖になることはありません。このため、チャランチンは植物インスリンと呼ばれています。



コロソリン酸は、バナバ茶に豊富に含まれていることで知られているトリテルペン酸の一種です。しかし、コロソリン酸は脂溶性のため水には溶けにくく、お茶では効果が薄くなります。



コロソリン酸は、グルコーストランスポーター(糖輸送体:GLUT4)を活性化させ、グルコースを細胞内に速やかに吸収させるという、すい臓から分泌されるインスリンと同じような作用があります。



ゴーヤーの果実や種子に含まれている「蛋白MAP30」は、モモルディシンとともに、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させ、がん細胞の増殖を抑えるといわれています。



また、モモルディシンは、DNA、RNA(細胞が増えていく上で欠かせない核酸の主要物質)の合成を阻害する働きがあることで、がん細胞の増殖を抑える効果あると期待されています。



種子に多く含まれる共役リノレン酸は、体内で共役リノール酸に変わります。脂肪を分解する酵素・リパーゼの働きを活性化することで、肥満や高脂血症の改善に効果が期待できるとされます。



ゴーヤーは、その種類もいろいろありますが、沖縄で一般的に栽培され、青汁の原料として使用されているのはナガレイシという種類のゴーヤーです。



ナガレイシには免疫力を向上し、美容効果が高いビタミンCがキャベツの約2倍も含まれているほか、β-カロテンビタミンB1カリウムマグネシウム、鉄分、リン、食物繊維など健康効果の高い成分を豊富に含みます。




血糖値が気になるなら、ライフィックスの糖素減






ケールの青汁 / いぐさの青汁 / くわ青汁 / あしたば青汁 / 大麦若葉青汁 / 緑茶青汁 / ゴーヤー青汁 / よもぎ青汁


| 青汁

スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。