ビタミンB1のメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


ビタミンB1のメタボ予防効果

ビタミンB1の不足は、メタボリックシンドロームの原因のひとつとされています。ビタミンB1は、ビタミンB群のなかで最も早く発見されたビタミンです。別名をチアミンと呼びますが、これは、イオウを含んだアミンという意味で代謝上重要な働きをするイオウを含んでいるビタミンです。



ビタミンB1は、糖質をエネルギーへと変える酵素の働きをサポートする補酵素です。糖質やアルコールを多量に摂っている人、運動によるエネルギー消費量が高い人には不足しがちと言われています。



ビタミンB1は、ご飯や、パン、麺類などの炭水化物から作られる糖質がエネルギーに変わるときに必要な補酵素として重要は働きをします。エネルギーへと変換されなかった糖質は、脂肪となって体内に蓄積されます。



したがって、ビタミンB1を適度に摂取することは、脂肪の蓄積を予防することになり、肥満予防、そして、メタボリックシンドローム対策に効果が期待できます。



また、ビタミンB1は、ビタミンB6ビタミンB12とともに神経ビタミンともいわれ、神経がうまく働くために大切な栄養素です。



神経・筋肉などへエネルギーを供給することで、神経・筋肉の機能を正常に保つために必要なビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもします。



不足すると全身がエネルギー不足となり、疲労倦怠感、肩こり、腰痛、食欲不振、そして、心臓病などを引きおこします。



さらに、糖を主要なエネルギー源としている脳や神経系ではビタミンB1不足の影響が大きく、記憶力の低下、注意散漫、そして、脚気などが症状としてあらわれます。重篤な欠乏症では浮腫(むくみ)を起こし死に至ります。



ビタミンB1は、酸性には強いのですが、アルカリ性、熱には弱く、水溶性であることから、米の研ぎ汁や、スープなどに溶け出してしまいます。



したがって、調理方法によっては、食事からの摂取が不足する可能性があり、糖質の多い食品やアルコールを多量に摂取した時なども、ビタミンB1の体内需要が高まるために、不足しやすくなります。



ビタミンB1を含む主な食品としては、豚肉、穀類(玄米、胚芽米など)などの他、牛のレバー、豆類、豆腐、ごま、のり、たらこ、わかさぎ、さば、やつめうなぎ、ひまわりの種などに多く含まれています。また、穀類ではあっても精白米では洗米の段階などで半分ほどが失われていることが知られています。



ビタミンB1の一日の必要量は成人男性で1.1mg、成人女性で0.8mgとされていて、平成21年の国民健康・栄養調査では、通常の食品からの摂取量が、男性で平均0.90 mg/日、女性で平均0.78 mg/日と、男性で0.2mg女性で0.02mg不足しています。過剰摂取については水溶性であることから心配はないようです。



ビタミンB1は、単独で摂取するよりも他のビタミンB群ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12葉酸ナイアシンビオチンパントテン酸)と一緒に摂取した方が、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。



ちなみに、にんにく、ニラ、ねぎ、たまねぎなどの野菜に含まれる、アリシンという物質が、ビタミンB1と反応して生じるアリチアミンが、水に溶けにくく熱にも強いため、調理による損失を少なくしてビタミンB1のからだへの吸収を高めることが知られています。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。