ビタミンB2のメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


ビタミンB2のメタボ予防効果

ビタミンB2の不足は、メタボリックシンドロームの原因のひとつとされています。ビタミンB2は、ビタミンB1とともにビタミンB群の一種で、リボフラビンとも呼ばれています。



ビタミンB2は黄色で、わずかににおいがあります。水溶性ですが、水にはやや溶けにくく、酸や熱には比較的安定しています。アルカリや紫外線、光に対しては分解されやすい性質を持つため、ビタミンB2を含む食材は冷暗所に保存することが求められます。



ビタミンB2は、酵素の働きを助ける補酵素のひとつで、三大栄養素である炭水化物 (糖質)・たんぱく質・脂質、特に脂質の代謝を促進して酵素がエネルギーを作り出すのを助け、皮膚や粘膜の機能維持や成長に関わります。



したがって、ビタミンB2を適度に摂ることは、脂質の燃焼促進効果が期待できることで、肥満予防、メタボリックシンドローム対策に効果があると考えられています。



ビタミンB2は、水溶性の成分のため蓄えておくことができません。腸内細菌によって体内でも合成できますが、妊娠中の方や激しい運動をする人の場合など、エネルギー消費が激しいときには、ビタミンB2が不足しがちになるので、毎日摂取する必要があります。



また、多量の抗生物質や副腎皮質ホルモン剤、精神安定剤、経口避妊薬はビタミンB2の働きを阻害するだけでなく、長期間の服用は、腸内細菌に影響が出てビタミンB2をうまくつくり出すことができず欠乏を招くことがあります。



さらに、ビタミンB2は豚肉をはじめとする動物性食品に多く含まれているため、菜食主義者 (ベジタリアン)や偏った食事をしている人の場合も欠乏することがあります。



ビタミンB2を余分に摂取した場合は、尿中に速やかに排泄されるため、過剰症はほとんどありません。栄養ドリンクなどを飲むと、尿の色がいつもより黄色くなることがあるのはこのためです。また、ビタミン剤やサプリメント等でよほど大量に摂った場合にのみ、ごくまれにかゆみ、しびれなどの症状が出ます。



ビタミンB2は、単独で摂取するよりも他のビタミンB群ビタミンB1ビタミンB6ビタミンB12葉酸ナイアシンビオチンパントテン酸)と一緒に摂取した方が、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。



ビタミンB2は、必要摂取量として、成人男性1.6mg/日、成人女性1.2mg/日、との摂取基準が存在していますが、摂取状況は、平成21年の国民健康・栄養調査では、通常の食品から男性で平均1.20 mg/日、女性で平均1.09 mg/日。また、強化食品・補助食品から男性で平均0.20 mg/日、女性で平均0.38 mg/日摂取しているようです 。



したがって、ビタミンB2の摂取量は、男性で0.2mg/日〜0.4mg/日、女性で0.11mg/日程度不足している可能性があるようです。



ビタミンB2を豊富に含むものとしては、イースト、牛乳、牛・鳥・豚のレバー、さば、うなぎ、海苔、抹茶、アーモンド、ミドリムシなどがあります。豚のレバー25g程度で必要量を満たすようです。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。