ナイアシンのメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


ナイアシンのメタボ予防効果

ナイアシンの不足は、メタボリックシンドロームを誘引する原因のひとつのようです。ナイアシン (Niacin) は、ビタミンB群の一つで、ビタミンB3 ともいいます。ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称でもあります。



水溶性ですが、熱に強く、ビタミンB2などのように、三大栄養素といわれる糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠な補酵素で、エネルギー産生を促進します。



したがって、ナイアシンが不足すると肥満を招きメタボリックシンドロームを引き起こす可能性があるといえます。



ナイアシンは、循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きがあります。不足による欠乏症としてペラグラ(皮膚炎、舌の黒化や腫れなど)が知られていて、神経炎や下痢などの症状も生じるようです。



体内ではもっとも多く存在するビタミンです。エネルギー代謝中の酸化還元酵素の補酵素として重要で、体内にある全酵素の2割、450種あまりがこのナイアシンを補酵素として用いています。



また、ナイアシンは、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを分解する働きも知られていて、統合失調症の治療にナイアシンが効果があるとされています。



体内では、ナイアシンは必須アミノ酸のトリプトファンから生合成されます。さらに腸内常在細菌がトリプトファンからのナイアシン合成を行っています。このため、通常の食生活では欠乏症に陥ることは多くないようです。



しかし、トリプトファンや、ビタミンB6の摂取量が不足したり、必須アミノ酸のロイシンを過剰摂取すると、ナイアシン欠乏を促進する可能性があります。



ナイアシンを多く含む食材には、カツオ、サバ、ブリ、イワシ、レバー、鶏ささみ、マグロ、シラス干し、たらこ、豆類、ミドリムシなどがあります。



ビタミンB群は、水溶性であることから不要分は速やかに対外へと排出されることで過剰症がほとんどないのですが、ナイアシンには、過剰摂取のリスクがあります。



通常の食事から過剰になることはほとんどありませんが、薬やサプリメントなどでニコチン酸を大量摂取すると、一時的に顔の紅潮や、掻痒感(むずがゆくなること)などの「フラッシング(flushing)症状」が起こることがあります。目安は30mg/日とされています。



また、ニコチン酸アミドの大量摂取では、胃腸障害、肝毒性、消化性潰瘍の悪化などの副作用が知られています。こちらの目安は、300mg/日といわれています。



ナイアシンは、単独で摂取するよりも他のビタミンB群ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12葉酸ビオチンパントテン酸)と一緒に摂取した方が、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。