葉酸のメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


葉酸のメタボ予防効果

葉酸の不足は、メタボリックシンドロームを誘引する原因のひとつのようです。葉酸が不足すると、アミノ酸の一種であるホモシステインの血中濃度を上昇させ、心臓の冠動脈と頚動脈が狭くなる狭窄が起き、動脈硬化から狭心症や心筋梗塞、脳卒中などのリスクを高めるといわれています。



葉酸は、ビタミンB9とも呼ばれる、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンのひとつです。またの名を、ビタミンM、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。



ビタミンB群のビタミンは、それらを一緒に摂取することで効果が高まります。葉酸は、特にビタミンB6や、ビタミンB12と一緒に摂ることで当該効果を高めることができます。



葉酸は、アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成やたんぱく質の生成・促進作用や、皮膚の粘膜の強化そして、口内粘膜の強化に力を発揮するビタミンでもあります。



私たちの遺伝子は核酸によって司られています。そして、核酸にはDNAやRNAがあります。葉酸はこれら核酸の合成に不可欠なビタミンとされています。さらに、細胞の増殖を助ける働きがあり、ビタミンB12とともに赤血球の生産にかかわっています。



そのため、葉酸には抗貧血作用が期待されますが、それが機能するためにはビタミンCが必要とされています。ビタミンCによって、葉酸に水素を結合させることが必要だからです。



葉酸は、1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見されました。葉酸の呼称は、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名づけられました。不足すると、貧血や下痢、腸炎の症状があらわれます。



そして、妊婦の方の場合、とくに、胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週〜12週)に葉酸不足を起こすと胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれています。



そのため、妊娠1ヵ月前から妊娠3ヶ月の期間に葉酸を1日400μg(0.4mg)摂取することで、神経管奇形のなんと70%が予防できるといわれています。ここで重要なのは、妊娠1ヶ月前からの葉酸の摂取が求められていることです。



したがって、妊娠初期の大切なときに体内に充分葉酸があるように、妊娠を計画したなら早めに葉酸を摂ることを厚生労働省によって推奨されています。



葉酸は、流産予防にも効果があるようです。葉酸は、流産のリスクを高めるとされるホモシステインの血中濃度を減少させる作用があることから、流産の予防に効果があると考えられています。



また、葉酸の摂取は、男性にとっても効果があるといわれています。アメリカのカリフォルニア大学バークレー校の研究では、葉酸の摂取が多い(722〜1150μg/日)男性は、葉酸の摂取量が少ない男性に比べて、精子の染色体異常(異数倍数体)の割合が20〜30%低かったと報告されています。



葉酸の摂取量は、健康な成人では男女を問わず1日200μg ですが、妊婦の方は 1日400μg、授乳婦の方は 1日280μg が、必要摂取量となっています。また、過剰摂取については、心配はないようですが、許容上限摂取量 として、1日1,000μg が一応の目安として示されているようです。



ちなみに、葉酸を多く含むものとしては、イースト、牛・豚のレバー、胚芽、ほうれん草、大豆、ジャガイモ、こしあん、カイワレ、枝豆、キノコ類、ブロッコリー、アボガド、イチゴ、オレンジ、ミドリムシなどがあります。



レバーの串焼き一本で一日の必要な摂取量 200μg(0.2mg)を摂取できます。葉酸は熱に弱く水溶性でもあることから、食材を茹でてしまうと栄養の半分以上がスープに溶け出してしまうそうです。




スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。