パントテン酸のメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


パントテン酸のメタボ予防効果

パントテン酸の不足は、メタボリックシンドロームを誘引する原因のひとつのようです。パントテン酸(pantothenic acid)は、水溶性で、ビタミンB5とも呼ばれるように、ビタミンB群のひとつです。



パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な補酵素です。また、脂肪の代謝に役立ち、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDLコレステロール)の生成を促すことで動脈硬化を予防する効果があります。



ナイアシンやビタミンB2と協力して働き、脂肪酸など、からだの構成成分の合成と分解を促進します。パントテン酸が不足するとエネルギー生産が滞るだけでなく、脂肪が溜まりやすくなります。



したがって、パントテン酸の不足は、肥満などメタボリックシンドロームを引き起こすと考えられています。



パントテン酸は、黄色く粘りのある液状の物質で、水に溶けやすく、熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によって損失しやすいのが特徴です。パントテン酸の入った食材を茹でると、含まれるパントテン酸の約半分が破壊されるといわれています。



さらに、体内では、カフェインやアルコールの摂取により、パントテン酸を消費することがわかっています。これらの摂取量が多い人は不足する可能性があります。



したがって、パントテン酸は、語源はギリシャ語の'どこにでもある酸'と言う意味をもつように、多くの食品に含まれているため、通常の食生活ならば摂取量が不足することはないと考えられていますが、必要量を満たしていない可能性があります。



ほかにも、パントテン酸は、副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモンの合成を促します。副腎皮質ホルモンには抗ストレス作用があることから、パントテン酸が不足するといらいらや、不眠、倦怠感といった症状が出てきます。



パントテン酸は、葉酸ビタミンB6とともに免疫のためのたんぱく質を作る働きもあることから、風邪や細菌などの感染症に対する抵抗力を高めるには必要なビタミンでもあります。



そのため、不足すると、皮膚や毛髪のつやが悪くなります。また、筋肉痛や知覚異常、手足のしびれ、疲れやすい、などの症状を引きおこすことがあります。過剰による弊害は報告がないようです。



パントテン酸は、単独で摂取するよりも他のビタミンB群ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12葉酸ナイアシンビオチン)と一緒に摂取した方が、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。