ビタミンDのメタボ予防効果 メタボと食事

スポンサードリンク


ビタミンDのメタボ予防効果

ビタミンD は、メタボリックシンドローム対策に効果があるようです。ビタミンD (vitamin D) は、脂溶性のビタミンです。



ビタミンD の不足は、動脈硬化症、末梢動脈疾患、高血圧、1型糖尿病を含む自己免疫疾患、そして、結核、癌、歯周病、多発性硬化症、冬季うつ病、などの疾病への罹患率上昇をもたらす可能性が指摘されています。



ビタミンD は、体へのカルシウムとマグネシウムの吸収の調節に欠かせない栄養素として知られ、欠乏すれば骨の健康の維持ができなくなり、筋力低下や「くる病」を招いたり、骨粗しょう症を引き起こすことで知られています。



しかも、インフルエンザや花粉症予防にビタミンD が有効であるという研究報告があり、ビタミンD が冬場に不足がちなこともインフルエンザの流行や、春に花粉症を引き起こす原因のひとつとなると考えられています。



ビタミンD は、紫外線に肌を曝すことで体内で合成できるビタミンです。しかも、脂溶性であることから体内の脂肪層にある程度蓄積することが出来ます。週に3回、10分から20分間、顔、両手両足、背中などを日光に当てるだけで充分な量を確保できます。



ビタミンD は、紫外線B波(UVB:280〜320ナノメートルの波長域の目に見えない光)に皮膚を曝すことで合成されます。したがって、日焼け止めなどで皮膚を覆うと合成されません。しかも、年齢とともに合成能力も減少します。冬などはなおさら日に当たらないことから合成量が少なくなります。



そのため、多くの人がビタミンD の欠乏状態であるといわれています。ビタミンD は、食品からも摂取でき、豊富に含む食材にきくらげがあります。きくらげは食物中でもっとも多量にビタミンD を含んでいるといわれていて、1個でヒトの一日の必要量を賄えるとされています。



ビタミンD は、脂溶性で体内に蓄積されることから、過剰な摂取には弊害があることが知られています。全身を太陽光に曝した場合の最大体内生成量は、1日当たり250μg (10,000IU) であり、20分〜2時間で平衡に達し、それ以上はビタミンDを生成しなくなることで、紫外線による過剰症は、ないと考えられています。



ビタミンD の長期にわたる安全摂取量はわかっていませんが、健康な成人においては250μg (10,000IU)/日までは安全とされています。また、継続的に2500μg (100,000IU)/日を摂取すると2〜3ヶ月以内に毒性が認められています。



ちなみに、ビタミンD を過剰摂取した場合の副作用には、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、虚弱、体重の減少などがあります。そして、カルシウムの血中濃度を高め、意識レベルの低下など精神的な変調をもたらします。さらに、カルシウムの血中濃度が高くなると、心臓の律動の異常を引き起こします。



また、ビタミンD サプリメントの多量摂取から引き起こされる可能性が高いものとして、石灰沈着症(腎臓などの柔らかい組織にカルシウムやリンが沈着すること)があります。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。