くま笹 メタボと食事

スポンサードリンク


くま笹

くま笹茶やクマザサエキスが、高血圧や糖尿病などメタボに効果があるようです。くま笹(学名:Sasa veitchii var.veitchii)は、温帯から亜熱帯にかけて自生するイネ科ササ属の一種で、日本でも家の周りなどに見られる身近な植物です。くま笹の表記は、隈笹が正しいようですが、熊笹の表記も多く見られます。



クマザサの葉には、クロロフィル(葉緑素)や多糖類のバンフォリン、食物繊維のリグニンなどが含まれていることが知られています。さらに、鉄、カルシウムなどのミネラルのほか、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1ビタミンB2などを含んでいます。さらに、強心作用のあるフラボン誘導体などの有効成分は若葉に一番多く含まれているとされています。



クロロフィル (Chlorophyll) は、コレステロールを下げ血栓を防ぎ、血圧を下げるとされていて、貧血の改善、細胞の強化、解毒、整腸、抗炎症、抗がん作用などの効用を期待されてもいます。バンフォリンは防腐作用があり、体の免疫力を高め、リグニンには抗ガン作用が期待されています。



さらにビタミンKは、プロトロンビンなどの血液凝固因子を活性化することにより、血液の凝固を促進し、止血作用を促すとともに骨からのカルシウムの溶出を抑制するため骨を丈夫に保つ役割があります。



くま笹に含まれる、クマザサ多糖体を一般的にはバンフォリン(Banfolin)と呼んでいます。クマザサ多糖体は五単糖と呼ばれる単糖のアラビノースとキシロースとの結合体である多糖体のアラビノキシランであり、一般的に私達が口にする糖類は六単糖であることから非常に特異な多糖類といえます。



くま笹が持つクマザサ多糖体は、人間の細胞膜と、とても馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。つまり、クマザサ多糖体には細胞膜保護物質の強化及び再活性化、修復、並びに細胞膜を安定化する作用があり、細胞自体の健康を促す作用があるとされていて、活性型多糖体とも呼ばれています。



くま笹の食物繊維やフラボノイドがコレステロールを除去しバンフォリンが、血管を活性化するので血流がよくなり血圧が下がると考えられます。同様に、バンフォリンが傷ついたランゲルハウス島のβー細胞を活性化してインスリンの製造を復活させることで糖尿病に効果があると考えられます。



糖尿病の原因のひとつに、毛細血管の異常により毛細血管から筋肉にインスリンが滲みだす量が減り筋肉に糖分を蓄えることが出来なくなったことによるという研究成果が報告されています。



くま笹が糖尿病に効果があるのは、バンフォリンが毛細血管の異常を修復することによることも考えられそうです。



くま笹は、クマザサ多糖体や殺菌作用がある安息香酸、そして、ビタミンKなどを含むことで抗菌作用、抗炎症作用、免疫力を高めて雑菌の増殖を抑制する作用があるとされ、虫歯、歯槽膿漏(歯周病)や胃炎、胃潰瘍などの予防、改善作用を期待できると考えられています。



また、くま笹のクマザサ多糖体は、抗腫瘍作用があることから、がんに対しての効果や重症急性呼吸器症候群(SARS)などに対する免疫賦活剤としての効果が期待されています。



これらにより、くま笹は、糖尿病や高血圧、だけでなく、口内炎、便秘、胃腸病などに効果があるとか、抗癌作用や、口臭予防、美肌効果が期待できるといわれています。




メタボに効果がある お茶
杜仲茶 / ドクダミ / 桑の葉茶 / オリーブ茶 / ウーロン茶 / ルイボスティー / ギムネマ茶 / なた豆茶 / グァバ茶 / チコリ / マテ茶 / ヨモギ(蓬) / 柿の葉茶 / 緑茶 / クミスクチン茶 / プーアル茶 / くま笹 / シナモン / ハイビスカスティー / アマチャヅル / ごぼう茶 / サラシア茶 / コーヒーで糖尿病予防


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。