シナモン メタボと食事

スポンサードリンク


シナモン

シナモンが、メタボリックシンドロームに効果があるようです。シナモン(英:Cinnamon、学名:Cinnamomum verum J.Presl、シノニムCinnamomum zeylanicum)とは、原産地は中国南部からベトナムのあたりにかけてと推測されているクスノキ科の常緑樹です。その樹皮から作られる香辛料の名称でもあります。また、桂皮(ケイヒ)という生薬名をもちます。



シナモンは、芳香成分として、シンナムアルデヒド (cinnamaldehyde)、オイゲノール (eugenol)、サフロール(safrole)などが知られています。古くからケイヒエキス(桂皮エキス)として漢方薬のひとつとして利用されてきました。中国、ベトナム、カンボジア、インドネシア、スリランカ、インド南部に分布します。日本では、中国産の広南ケイヒが主に流通しています。また、日本にはニッキがありますが、これは、その仲間といえます。



シナモンは、テルペノイド系化合物を含む精油やタンニンを含有し、シンナムアルデヒド は、解熱鎮静、抗菌性などの作用があります。オイゲノール は、皮膚刺激作用、抗ウィルス作用、血管拡張作用、免疫強壮作用等の働きがあります。しかし、サフロールは肝毒性、発癌性があり虱の殺虫剤としても知られています。



シナモンには、血圧降下作用、血糖値降下作用などのメタボ効果以外にも、骨節疼痛軽減作用、腸管運動促進作用、ストレス性胃びらん予防作用、胆汁分泌促進作用、抗菌作用、抗かび作用があると言われ、西欧では温める作用、利尿、通経、解毒、収斂、鎮咳、抗炎症作用があるとされています。



さらに、歯周病の原因とされる歯周炎菌酵素の抑制作用、抗酸化作用、活性酸素生産抑制作用、抗潰瘍作用、寄生虫の運動抑制作用、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、美肌効果、育毛効果などの報告がありますが、サフロールなどの毒性をもつことで多量摂取は避けるべきです。



シナモンには薬剤との相互作用があることが知られています。例えば、糖尿病治療薬や高血圧治療薬を服用している場合には、血糖値や血圧が下がり過ぎる可能性があります。シナモンを摂取する場合はあらかじめ医師や薬局に相談することをおススメします。



シナモンは健康効果があるもののその含有成分のクマリンには肝毒性があるとされています。それは、例えば、カシアシナモン(Cinnamomum cassia)中のクマリン含量は0.11-0.85 mg/gと報告されています。クマリンとしての一日の摂取量の上限をTDI:0.1mg/kg体重(欧州食品安全機関(EFSA)設定のTDIと同値)とされていることから体重50kgの人にあてはめるとクマリンの含有量が常に最高値だった場合、5.8gを超えてカシアシナモンを毎日摂り続けることは問題があるようです。



しかし、健康効果を得るにはシナモンとして0.6g程度で充分とされていることから、通常においては過剰摂取の弊害は心配ないといえそうですが、くれぐれも過剰摂取には注意したいところです。




メタボに効果がある お茶
杜仲茶 / ドクダミ / 桑の葉茶 / オリーブ茶 / ウーロン茶 / ルイボスティー / ギムネマ茶 / なた豆茶 / グァバ茶 / チコリ / マテ茶 / ヨモギ(蓬) / 柿の葉茶 / 緑茶 / クミスクチン茶 / プーアル茶 / くま笹 / シナモン / ハイビスカスティー / アマチャヅル / ごぼう茶 / サラシア茶 / コーヒーで糖尿病予防


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。