レスベラトロール メタボと食事

スポンサードリンク


レスベラトロール

レスベラトロールが、メタボリックシンドロームに効果があるようです。レスベラトロールとは、ブドウの果皮や落花生の種皮等に含まれるポリフェノールの一種です。




フレンチ・パラドックスという言葉があります。これは、フランス人が、メタボリックシンドロームの原因となるバターや肉などの動物性脂肪をヨーロッパでもっともたくさん摂取しているにも関わらず、動脈硬化による心臓病の死亡率が欧米で最も少ないというものです。



その秘密は、フランス人が多飲する赤ワインに含まれるポリフェノールにあるとされています。そして、近年、その成分のひとつがレスベラトロールであるとする研究成果が報告されています。



レスベラトロールは、血液中の悪玉コレステロールといわれるLDL‐コレステロール(低比重リポ蛋白)の酸化を抑制し、血小板のねばつきを軽減する作用があり、血液が流れやすく弾力のある血管を保つのに役立つことが分かっています。



動脈硬化は、血液中のLDL‐コレステロールが酸化され、酸化型LDL-コレステロールが蓄積することが原因となります。また、血液中の血小板が異常に凝集すると血管内に血栓ができるため心筋梗塞などの原因となりますが、レスベラトロールは血小板の凝集を抑制するとの報告があります。



さらに、肝臓でのコレステロールの蓄積や、血液中のLDL-コレステロールを抑制する作用があり、レスベラトロールは動脈硬化や血栓形成を防ぐ作用を通じて心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げる働きがあります。



そしてまた、レスベラトロールを投与した動物実験では、寿命が伸びるという結果を得ています。これは、レスベラトロールが、抗老化遺伝子とも呼ばれるSIRT1(サーチュイン)遺伝子を活性化することによると考えられています。



サーチュイン遺伝子は、ヒトにおいては「SIRT1」、マウス(実験動物)では「Sirt1」、イースト菌から発見された、酵母では「Sir2」(silent information regulator 2:サーツー)、と表記して区別しています。



サーチュイン遺伝子は、通常、飢餓やカロリー制限によって活性化します。これが活性化することで寿命を延ばす作用があることが知られています。レスベラトロールの摂取は、カロリー制限をしなくとも、それと同様な成果をもたらすことが報告されています。



レスベラトロールの摂取は、メタボリックシンドロームが懸念する動脈硬化、高血糖、などの循環器系の生活習慣病の改善・予防が期待されていますが、ほかにも、ガンの進行を妨げたり、抗炎症作用があるとの報告があります。



レスベラトロールは、したがって、メタボ対策ばかりでなく、抗酸化作用、抗癌作用、抗炎症、放射線障害の抑止作用などや、骨粗鬆症、脱毛や白髪といった老化症状を防ぎ、さらには美肌や持久力を高めるとされています。つまりは、アンチエイジング効果が期待されています。




プテロスチルベン


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。