タウリン メタボと食事

スポンサードリンク


タウリン

タウリン(Taurine)は、メタボリックシンドロームで気になる血圧やコレステロール値、そして、血糖値を正常値にしてくれる作用があるといわれています。



タウリンは含硫(がんりゅう)アミンの一つです。つまり、アミノ酸のようにアミン基をもち分子中にイオウを含む化合物のことです。しかし、アミノ酸と異なるところは、カルボキシル基に代わって、スルフォン基を持つところです。



したがって、タウリンはアミノ酸の要件であるアミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物という条件を満たさないことからアミノ酸ではないのですが、アミノ酸として表記されることが多いようです。



タウリンは、血圧や血液中、肝臓中のコレステロール値を下げる作用があり、動脈硬化を抑える、肝細胞の再生を助け、肝機能の改善や強化する働きや、心臓を強化する働きがあるといわれています。



タウリンは、体内では、筋肉、脳、眼の網膜、心臓や肝臓などの臓器などに遊離状態で高い濃度で含まれていて、私たちの体重の約0.1%はタウリンだと考えることが出来るほど含有量の多い成分です。



タウリンそれぞれの部位で重要な働きをしています。例えば、肝臓では、胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きを助ける作用や、肝細胞の再生を促進させる作用、そして、細胞膜を安定化する作用があることで、肝臓の機能を高める働きを持つとされています。



肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がります。



ラットに高コレステロールのエサを与えると、血液中のコレステロール値が上昇していきます。ところが、エサの中に1%のタウリンを混ぜて与えると、コレステロールの増加が抑えられるという結果が報告されています。



さらに、タウリンにはインスリン(インシュリン)の分泌を促す作用もあり、糖尿病の予防効果が期待されています。



タウリンは、メチオニンやシステインなどのアミノ酸から体内合成される成分で、システインからタウリンを合成する時、補助因子にVB6を必要とします。



人では、タウリンの体内合成量は、必要量を満たさないとされていて、しかも、25歳を過ぎた頃から体内で合成されるタウリンの量は減少することが知られています。VB6が不足していればなおさらです。



そのため、食品などから健康のためにタウリンを摂取する必要があるといわれています。



タウリンを含む食品としては、カツオ、マグロなどの血合い部分、アワビ、スルメイカ、ズワイガニ、タコ、アサリ、牡蠣(カキ)、ハマグリなどの魚介類があります。



そのタウリン含有量は、例えば、100グラム当たり、牡蠣では1130mg、ハマグリは1080mg含まれています。



1日に摂ると効果的なタウリンの量は、約3000mgといわれています。例えば、アル中の患者に、タウリン1g(1000mg)を一日三回七日間服用させると、酒に依存する者が三分の一程度に減少したという報告があります。





スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。