桑の葉茶 メタボと食事

スポンサードリンク


桑の葉茶

桑の葉茶が、メタボリックシンドロームの予防・改善に効果があるとされています。桑の葉茶には、糖の吸収を抑制する作用があるとされています。それは、桑の葉に含まれる、1−デオキシノジリマイシン(DNJ)と呼ばれる成分が、糖を分解する酵素の働きを抑制する作用があるためです。この成分は、ブドウ糖に良くにた物質で、水に溶けやすく、体に安全な成分です。



一般的に食事によって体内に取り込まれた糖質は、小腸内で糖分分解酵素α―グルコシターゼによって分解され、ブドウ糖として吸収されます。1−デオキシノジリマイシン(DNJ)は、糖質に良く似た構造をしています。そのため食前に桑の葉茶によって1−デオキシノジリマイシン(DNJ)を摂取すると、小腸で糖質より先に1−デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖分分解酵素と結びつくことになります。



食事によって、後から入ってきた糖質は結びつく相手を失い吸収されずにそのまま小腸から大腸へ排泄されてしまいます。食前に桑の葉茶を飲むことで、小腸で糖質より先に1−デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖分分解酵素と結びつくことで、糖の吸収が抑えられて食事後の血糖値の上昇を抑制する効果を得ることが出来るんです。



また1−デオキシノジリマイシン(DNJ)にはインスリンの分泌を刺激・促進する効果のあることも報告されていて血糖値の改善に大きな効能をもたらすことがわかっています。さらにラットを用いた研究結果ではありますが、高血圧の明らかな抑制効果が、認められています。これらのことから、桑の葉茶を食前に飲むことはメタボリックシンドローム対策になると考えられます。





メタボに効果がある お茶
杜仲茶 / ドクダミ / 桑の葉茶 / オリーブ茶 / ウーロン茶 / ルイボスティー / ギムネマ茶 / なた豆茶 / グァバ茶 / チコリ / マテ茶 / ヨモギ(蓬) / 柿の葉茶 / 緑茶 / クミスクチン茶 / プーアル茶 / くま笹 / シナモン / ハイビスカスティー / アマチャヅル / ごぼう茶 / サラシア茶 / コーヒーで糖尿病予防


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。