グァバ茶 メタボと食事

スポンサードリンク


グァバ茶

グァバ茶が、メタボリックシンドローム対策に効果があるようです。グァバ([英]Common guava [学名]Psidium guajava L)は、フトモモ科バンジロウ属の熱帯アメリカ原産の熱帯性の常緑低木で、日本においては沖縄県で民家の庭木としてよく見られます。



花粉症やアトピーに効果があるとされるシジュウムは、同じフトモモ科ですが、Psidium (シジュウム)には約100種の植物が存在するとされていて、それぞれ、効能が微妙に異なるようです。



グァバは、中国語名を「番石榴」(バンザクロまたはバンセキリュウ)といい、葉を用いたグァバ茶が、古くから、糖の吸収をおだやかにする、お腹の痛みを抑えるなどとして、利用されてきました。また、現在でも「蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)」のようにグァバ茶ポリフェノールを関与成分とした特定保健用食品が許可されてもいます。



グァバ茶の成分には多量のポリフェノールのタンニン(pedunculagin, strictininなど)や、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCビタミンE、ビタミンU、フラボノールのケルセチン(quercetin)、guajaverinなどや、精油(リモネン、カリオフィレンなど)を含んでいます。



グアバ茶に含まれるポリフェノールは、糖を分解してブドウ糖にする酵素の働きを抑制する効果があるとされていて、小腸からのブドウ糖の吸収を阻害することで、血糖値上昇が抑えられ、糖尿病の予防に効果があるとされています。



さらに、脂肪細胞への糖分の蓄積も防ぐごとができ、ダイエットにも効果があるといえます。また、グアバ茶に含まれる同じポリフェノールの一種であるタンニンには、体の中の活性酸素を取り除き、血行を改善する効果があります。



グァバ茶に含まれるケルセチンは、別名ビタミンPともいわれ、フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種で、ビタミンCの吸収を助ける役割があります。脂肪吸収を抑制したり、強い抗酸化作用、抗ガン作用も持っています。他にも、花粉症の炎症を抑える効果やアレルギーを抑制する作用があります。



グァバ茶に含まれるポリフェノールには、さらにメラニン色素の生成に関与する酵素であるチロシナーゼの抑制作用があり、肌の美白効果もあります。また、酵素のシクロオキシゲナーゼ(COX)とプロスタグランジン(PG)を抑制することで関節炎や皮膚炎等の炎症を抑制する作用があるとされています。





メタボに効果がある お茶
杜仲茶 / ドクダミ / 桑の葉茶 / オリーブ茶 / ウーロン茶 / ルイボスティー / ギムネマ茶 / なた豆茶 / グァバ茶 / チコリ / マテ茶 / ヨモギ(蓬) / 柿の葉茶 / 緑茶 / クミスクチン茶 / プーアル茶 / くま笹 / シナモン / ハイビスカスティー / アマチャヅル / ごぼう茶 / サラシア茶 / コーヒーで糖尿病予防


スポンサードリンク










高脂血症の方に、世界が認めた白井田七


“たるみ”ケアで若々しい印象に!「新顔・造美顔コース」エルセーヌのエステ体験


メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】


自宅で簡単メタボリック検査


医者が選ぶ【ダイエットサプリメント】


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】


≪メタボ改善≫メンズエステでダイエット【メンズラクシア】


メンズエステ〜脂肪燃焼(ボディ)〜


「メタボリック症候群に大変有効な食品である」と発表された『ねじめびわ茶』はじめませんか?


忙しいあなたの健康管理は、アルバの郵送検診キット におまかせ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。